ドライアイ│まつい眼科 コンタクト・ドライアイ専門サイト(ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ、乱視用コンタクトレンズ)

コンタクトレンズについて ソフトコンタクトレンズ
  • 1日交換型 ソフトコンタクトレンズ 1Day
  • 2週間交換型 ソフトコンタクトレンズ 2Week
  • 1ヶ月交換型 ソフトコンタクトレンズ 1Month
  • 乱視用 ソフトコンタクトレンズ 1日交換型
  • 乱視用 ソフトコンタクトレンズ 2週間交換型
ハードコンタクトレンズ ドライアイ 医院情報
  • ドクター紹介
  • クリニック案内
  • 交通案内
まつい眼科
ドクターズ・ファイル 松井久和院長

ドライアイの原因

ドライアイになりやすい生活習慣とは

ドライアイになりやすい人の生活習慣、生活環境、体質、年齢とはどのようなものでしょうか。
さっそく自分の傾向をチェックしてみてください。
あなたのドライアイの原因は、よく集中して行う仕事や遊びの仕方にあるのかもしれません。

意識を集中する作業をよくする

パソコン作業、テレビゲーム、ドライブ、読書や学習など集中して作業をする状態を続けると、自律神経の働きに影響し、まばたきの回数が減り、涙が行きわたらず目が乾きやすくなります。

緊張状態が続き、まばたきが少なくなる

また、パソコンのディスプレイを見上げるように配置して、作業をつづけると上目になり、目が乾きやすくなります。ディスプレイとデスク、椅子の配置をもう一度見直しましょう。理想的なのは、椅子に座って、まっすぐ前を見たときに、ディスプレイの上辺に目線がいく配置です。

夜型・睡眠不足・ストレス生活である

よく夜遅くまで残業する、起きている よく睡眠不足、不眠になりやすい ストレスをためている 自律神経の働きに悪影響を与え、交感神経と副交感神経のバランスをなくし、体調変化を及ぼす。 涙の質と量が低下する 仕事で、パソコン作業の残業が続く、夜遅くまでテレビゲームやビデオに熱中してしまうという生活は、ドライアイになりやすいので気をつけてください。夕方からは、できるだけ定期的に目を休ませたり、目をいやすセルフケアを行うようにしてください。

TOPへ